060-時間

060-時間

確かにこの手で掴んだ夢でも、瞬きしただけで指の隙間からこぼれ落ちた あれは、幻だったのか追いかけてたもんなんてはじめっからなかったのかな ...

記事を読む

059-みたゆめ

059-みたゆめ

夢を見たんだキミの夢を とっても楽しそうに笑ってたすごく幸せそうな笑顔をしてたキミの瞳と目が合う瞬間現実へと引き戻された あの笑顔を僕は...

記事を読む

058-2月の海

058-2月の海

風が突き刺すように痛い背中に浴びる太陽がわずかにあたたかさをくれる 目の前に広がる海風にあおられ白波と水しぶきをおこす 海の先に何がある...

記事を読む

057-バラバラ

057-バラバラ

バラバラなこの心どうしたらわかってくれる?どうしたら届く? 僕自身でさえまとめる事ができないバラバラなこの思い パズルのように完成なんか...

記事を読む

056-雫

056-雫

キミの頬をつたう雫がキラキラと輝いて見えるのはキミが歩く道を明るく照らすため キミの歩く道がいつでもいつまでも晴れてたらいいな もっと、...

記事を読む

055-キミへ

055-キミへ

キミはどんな声で 夢を語るのかなキミはどんな笑顔で 笑うのかなキミの飾らない 素顔がみたいな キミは、今 何を見つめ 何を感じているの 僕...

記事を読む

「白杖頭上50cmシグナル」は全国ルールではありません!

「白杖頭上50cmシグナル」は全国ルールではありません!

「白杖頭上50cmシグナル」という情報が見られますが。これは福岡盲人協会が「白杖頭上50cmシグナル運動」と称し、周囲に助けを求めるために制...

記事を読む

054-なないろ

054-なないろ

子供の頃 雨があがると探してた 七色に輝く 夢への架け橋 慣れない自転車で 夢中になって追いかけた でも、いつも途中で 消えてしまう 今...

記事を読む

053-ビター

053-ビター

差出人のない小包 もう、何度目になったかな 僕の好きだった ビターの手作りチョコと 一言だけの手紙 お互い夢に向かった二人 それでも気持ち...

記事を読む

052-虹

052-虹

ほんのちょっと 一緒に居ただけなのに 雨が降る度 キミを思い出す ふたりとも雨が嫌いなのに 虹を見ようと出かけたね 小さいビニール傘 肩が...

記事を読む

スポンサーリンク