060-時間

確かにこの手で掴んだ夢
でも、瞬きしただけで
指の隙間からこぼれ落ちた

あれは、幻だったのか
追いかけてたもんなんて
はじめっからなかったのかな

また、振り出しだ
時計の音だけが
頭のなかで響きわたる

誰か時間を
止めてくれないか・・・

060-時間

060-時間

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です