030-つらら

030-つらら

溶けては固まり
何度も何度も繰り返し
大きく姿を変える「つらら」

自分の重さに耐えられなくなると
下に落ち、一瞬で粉々になる

必死に落ちないように
しがみついているから
太陽の光を浴びて輝ける

「つらら」も大変だな
明日もキラキラ輝けるといいね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です